> > 最新省エネ技術の開発成果発表会 NEDO、10月末・東京で開催 

最新省エネ技術の開発成果発表会 NEDO、10月末・東京で開催 

記事を保存

NEDOは、最新の省エネルギー技術の開発成果や取り組みについて広く紹介することを目的に、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で「NEDO省エネルギー技術フォーラム2016」を開催する。

「NEDO省エネルギー技術フォーラム2016」概要

このフォーラムは、10月26日から28日に開催される「スマートエンジニアリングTOKYO 2016」内に出展する展示ブースで実施する。会場は東京ビッグサイトの西3・4ホール。展示ブースでは、未利用熱利用・高温超電導技術などのパネル・試作品を展示する他、技術開発成果のセミナーも開催する。

特別講演会場では、NEDOの技術開発を紹介するセッションも行われる。

セッションのテーマ

世界最先端の省エネ社会実現に向けて ―2030年の5030万kl削減に向けた技術開発動向―

  • 2030年に5030万klの使用量削減に向けた省エネ政策(経済産業省 省エネルギー対策課長 吉田 健一郎氏)
  • 省エネルギー技術戦略2016と革新的エネルギーマネジメント(東京大学大学院 教授 横山 明彦氏)
  • 省エネルギーにおける火力発電の役割と今後の動向(東京大学 シニア協力員 金子 祥三氏)
  • 省エネの一層の推進に向けたNEDOの役割と取組(NEDO省エネルギー部長 渡邊 重信氏)

日時

2016年10月28日(金)13:30~15:30

会場

展示会場内 特別講演会場

内容

2030年の5030万kl削減に向けた技術開発動向を中心として、世界最先端の省エネ社会実現に向けたNEDOの技術開発の取組みを紹介。


傍聴するには、「スマートエンジニアリングTOKYO2016」のウェブサイト内にて「セミナー聴講事前登録」が必要(当日参加も可)。

「グリーン・イノベーションEXPO」がリニューアル

「スマートエンジニアリングTOKYO 2016」は、工場・プラントと社会インフラの環境対策・省エネ化・IT化の推進を支援する総合エンジニアリングの展示会。従来開催していた「グリーン・イノベーションEXPO」を全面リニューアルし、「スマートエンジニアリングTOKYO」として新たに開催する。

『省エネ・プラントショー』、『水イノベーション』、『水素エネルギーテクノフェア』、特別展示の『プロセス産業とIoT』によって構成され、各種製造業およびインフラ業界の関係者に向けて、「環境対策技術・製品」「省エネ技術・製品」「新エネルギー技術・製品」を提案する場・情報交流の場として利用することができる。

NEDOはこの展示会場内の特別講演会場にて、経済産業省政策担当者や有識者を交え、5年ぶりに改定公表された「省エネルギー技術戦略2016」や、世界最先端の省エネ社会実現に向けたNEDOの取り組みなどについての講演も行う。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.