> > 住宅の省エネ改修・建替えに補助金 国交省が全国9カ所で説明会

住宅の省エネ改修・建替えに補助金 国交省が全国9カ所で説明会

記事を保存

国土交通省は、住宅の省エネ改修や省エネ住宅への建替え等を支援する、住宅ストック循環支援事業の公募に先立ち、制度の概要について公表した。また、この事業を含む住宅リフォーム等に対する支援制度に関する説明会を全国9カ所で開催する。

住宅ストック循環支援事業は、ホームインスペクション(住宅診断)を実施し、既存住宅売買瑕疵(かし)保険に加入する既存住宅の取得や、耐震性が確保された省エネ改修、一定の省エネ性能を有する住宅への建替えに対して、国がその費用の一部について支援する補助制度。

なお、この事業は平成28年度第2次補正予算にて措置を予定しており、補正予算の成立をもって実施が決定される。説明会ではその補正予算案に基づき説明する。

住宅ストック循環支援事業の概要

以下のリフォーム等に関して費用の一部を支援する。

  • 住宅のエコリフォーム等を実施した場合に、リフォーム費用に対し最大30万円/戸を補助(耐震改修を行う場合は45万円/戸)
  • 若者(40歳未満)が既存住宅を購入した場合に、インスペクション費用に対し5万円/戸を補助
  • 耐震性のない住宅等を除却し、エコ住宅を建替えた場合に、建設費用に対し30万円/戸を補助(認定長期優良住宅やさらに省エネ性能の高い住宅の場合は40万円/戸または50万円/戸)

なお、上記は今後、内容が変更になることがある。

説明会では3つの制度・事業を解説

説明会は参加費無料で、国土交通省の担当官により行われる。主な内容は下記の通り。

  • 住宅ストック循環支援事業
  • 長期優良住宅化リフォーム推進事業
  • 住宅リフォーム等に関するその他の支援制度

対象者

  1. リフォーム事業者・工務店・買取再販事業者・インスペクター等の住宅の性能向上リフォームに携わる事業者
  2. 買取再販・仲介を行う宅建業者や流通時のインスペクションを行う事業者など既存住宅流通に携わる事業者
  3. ハウスメーカー・工務店等の住宅の供給に携わる事業者
  4. 既存住宅の購入を検討している方、住宅の性能向上リフォーム等を検討している方、住宅の建替えを検討している方 …など

開催日時・場所

下記のとおり、全国主要都市9カ所で開催する。時間はいずれも13:30より2時間程度(開始30分前に開場)。

  • 10月18日(火)東京(会場名:昭和女子大学)
  • 10月19日(水)高松(会場名:香川県県民ホール)
  • 10月21日(金)福岡(会場名:アクロス福岡)
  • 10月24日(月)広島(会場名:広島国際会議場)
  • 10月25日(火)新潟(会場名:新潟市民プラザ)
  • 10月25日(火)大阪(会場名:グランキューブ大阪)
  • 10月26日(水)名古屋(会場名:名古屋市公会堂)
  • 10月27日(木)仙台(会場名:電力ホール)
  • 10月31日(月)札幌(会場名:札幌コンベンションセンター)

参加するには、事前に申込みが必要。住宅リフォーム支援制度説明会受付窓口のホームページまたはFAX、電話により受け付ける。詳細は国交省のホームページを参照のこと。


インスペクションは、消費者が中古住宅の取引時点の物件の状態・品質を把握できるようにするため、第三者が客観的に住宅の検査・調査を行うもの。国土交通省は、2013年に、この検査・調査を行う者の技術的能力の確保や検査・調査の項目・方法等のあり方について検討を行い、「既存住宅インスペクション・ガイドライン」をとりまとめている。

また既存住宅売買瑕疵保険は、中古住宅の検査と保証がセットになった保険制度である。国土交通大臣が指定した、住宅専門の保険会社(住宅瑕疵担保責任保険法人)が保険を引き受ける。この保険に加入するためには、住宅の基本的な性能について、専門の建築士による検査に合格することが必要である。これにより、中古住宅の購入を予定している人にとって、安心が確認された住宅の取得が可能となる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.