> > 薄く曲げられる「結晶シリコン太陽電池」 福島大学がインクジェット印刷で作製

薄く曲げられる「結晶シリコン太陽電池」 福島大学がインクジェット印刷で作製

記事を保存

福島大学は5日、インクジェット印刷を用いて精度よく電極の形を描くことにより、新聞紙より薄い厚さ53ミクロンで、太陽光を受ける面に電極のない結晶シリコン太陽電池の開発に成功したと発表した。

薄くすることで安価で軽くなるばかりでなく、裏面電極型の太陽電池としては世界で初めて自立した形で曲げることができ、建築物や携帯機器、自動車などへの幅広い応用が期待される。

変換効率は現時点で10.7%。今後の改良により20%近い変換効率を持った曲げられる結晶シリコン太陽電池の実現も見込まれる。

従来のフレキシブル太陽電池は、アモルファス(非晶質)シリコンや銅・インジウム・ガリウム・硫黄(CIGS)化合物、有機半導体などの薄膜で作製されてきたが、結晶シリコンに比べて変換効率や安定性、信頼性が劣るという課題があった。

本研究の概要

現在太陽光発電用に最も使われている結晶シリコン太陽電池では、通常200ミクロン程度の厚さ(新聞紙の厚さは約60ミクロン)の固いシリコン基板が用いられている。これを薄くすれば、材料の節約によって安く軽くすることができ、さらに数十ミクロン以下の厚さになると曲げることができるようになる。

(※全文:1625文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.