ZEH補助金に100億円「おかわり」 第2次補正予算が可決

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
※画像はイメージです

11日に開かれた参院本会議で、一般会計の総額で3兆2,800億円余りの「2016年度第2次補正予算案」が可決・成立した。省エネ・エネルギー関連の2事業に予算が配分された。

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)普及加速事業

経済産業省による事業。平成28年度補正予算額は100億円。ZEHの普及を加速化することで、住宅省エネ投資を喚起し、新たな有望成長市場を創出する。これにより、2020年までに新築戸建住宅の過半数でのZEH実現を目指す。

続きは無料の会員登録(必須情報入力)完了後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事