> > 環境先進企業を認定する環境省「エコ・ファースト制度」 2016年の募集開始

環境先進企業を認定する環境省「エコ・ファースト制度」 2016年の募集開始

記事を保存

環境省は、環境分野において業界をリードする事業活動を行っている環境先進企業を認定する「エコ・ファースト制度」において、平成28年度に認定を受ける企業を募集する。新規認定の申請期間は、11月1日(火)~11月30日(水)(消印有効)の1カ月間。

この制度は2008年4月にスタート。現在の認定企業は、キリンや日産自動車、ワタミなど40社。本制度のもと、様々な業界を代表する企業が環境大臣と環境保全に関する取組みを行うことを約束している。例えば、ワタミでは、食品リサイクルループの構築などにより、食品廃棄物の再生利用等実施率50%にする等の取組みを約束している。

新規認定の申請に当たっては、「先進性、独自性、波及効果」がある、自社がトップランナーであると謳える項目があることが前提となる。これを満たす企業は、地球温暖化対策、廃棄物・リサイクル対策など、自らの環境の保全に関する数値目標等を示した約束案を環境省に提出する。

(※全文:1239文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.