> > 「太陽光発電の『過積載』やります」 茨城県の赤嶺電研企画が名乗り

「太陽光発電の『過積載』やります」 茨城県の赤嶺電研企画が名乗り

記事を保存

赤嶺電研企画(茨城県鹿嶋市)は14日、低圧の太陽光発電システムにおいて、「過積載」とよばれる、パワーコンディショナーの定格容量に比べて、120%以上の太陽光パネルを接続することでトータルの発電量を増加する工法の提供を開始すると発表した。

本工法を「パネル追加工法」と名づけ、同社とのO&M(運転管理・保守点検)契約締結を条件に施工する。本工法は未確定な部分がある技術であるため、O&M契約と連携することにより、故障、事故の発生を早期に発見・対処することにより、顧客想定の発電量を確保するため、と説明している。また独自にパワコンの3年間の無償交換保証を行う。

パネル追加工法の施工に賛同する施工業者と連動を目的として、同社実証設備見学会および意見交換会を後日開催する予定だ。

(※全文:1664文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.