> > パナソニックの大きな一手 米テスラ社と協業、米国で太陽電池を生産

パナソニックの大きな一手 米テスラ社と協業、米国で太陽電池を生産

記事を保存

パナソニックは、電気自動車メーカーの米テスラモーターズ(米カリフォルニア州)と、北米市場向けの太陽電池の生産で提携する。

両者は17日、太陽電池セル・モジュールの生産協業に関する検討で、法的拘束力のない意向表明書を締結したと発表した。パナソニックは、北米市場向けに、テスラ傘下のバッファロー工場(米ニューヨーク州)において、太陽電池セル・モジュールの生産を2017年から開始する予定。テスラはこれらの製品について長期購入契約を結ぶ考えだ。

パナソニックが太陽電池分野で持つ技術・製造力の強みと、テスラ社の強い販売力との相乗効果など、両社が持つ強みを生かした協業を検討していく予定。パナソニックは、テスラとすでにEV向け電池の供給で提携しており、その内容を拡充していく。

(※全文:869文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.