> > キーストーンテクノロジー、植物工場による機能性野菜の生産開発に成功

キーストーンテクノロジー、植物工場による機能性野菜の生産開発に成功

記事を保存

植物工場システム開発・製造の株式会社キーストーンテクノロジーは「βカロテン」「葉酸」「ポリフェノール」の成分量が多い、機能性野菜サラダパックの生産開発に成功した。

今後は、女性の健康的な美しさをサポートする栄養機能食品として、神奈川・東京を中心としたスーパーや百貨店を中心に3種類のサラダパックを提供していく、という。今後は糖尿病や高血圧にも予防効果のあるサラダパックの開発を目指す。

キーストーンテクノロジー社の開発・製造する植物工場システムは、植物の種類や育成段階に合わせて約17万パターンの光質を制御することが可能であり、目的に合わせた最適な光質環境で機能性野菜を栽培することができる。


この記事は、たとえば

  • 植物工場メーカーなどにとって、他社製品の事例になります。
  • 植物工場を導入する事業者にとって、製品の差別化に関する事例として参照できます。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.