> > 太陽熱利用住宅、省エネ性能はどれぐらい? 評価方法の構築に挑む会社が決定

太陽熱利用住宅、省エネ性能はどれぐらい? 評価方法の構築に挑む会社が決定

記事を保存
空気式太陽熱暖房・給湯システムの概念図と熱収支の例

空気式太陽熱暖房・給湯システムの概念図と熱収支の例

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、2011年より取り組んできた太陽熱エネルギー活用型住宅の技術開発事業において、最終目標に掲げる、太陽熱を利用した住宅の省エネルギー性能の評価方法の構築に着手する。

評価方法の検討業務を受託するのは、佐藤エネルギーリサーチ(東京都豊島区)。

この事業では、これまで、太陽熱活用システムの実住宅における実証事業を2つのグループで実施してきた。そこで、この業務は、実証研究の省エネルギー性能を同一の評価方法で統一的に評価することにより、評価の信頼性を高めることを目的に実施する。

2つのグループは、「空気集熱式太陽熱暖房・給湯システム」の実証住宅と「空気循環式全館空調住宅における太陽熱暖房システム」の実証住宅。空気集熱式太陽熱暖房・給湯システムは、太陽熱を屋根に設置したシステムで取り込んで暖房・給湯に利用するもの。「空気循環式全館空調住宅における太陽熱暖房システム」は、太陽熱を外壁等に設置したシステムと、集熱した空気を全館へ搬送するダクトから構成されたシステムをいう。

なお、佐藤エネルギーリサーチは、住宅・建築物で消費されるエネルギーを対象とした調査・研究を行うコンサルティング会社。

空調・給湯のエネルギーを削減できれば…

「太陽熱エネルギー活用型住宅の技術開発」では、日本における住宅の省エネルギーを推進するため、「太陽熱エネルギー」を活用し、住宅のエネルギー消費の約1/2を占める空調・給湯のエネルギー消費の削減を目指している。具体的には、要素技術として日本の住宅に適した断熱材、蓄熱建材等の開発を行うと共に、空調や給湯に「太陽熱エネルギー」を効果的に利用するための戸建住宅用太陽熱活用システムを開発するものである。

具体的には、以下の01~05の5つの研究開発項目を掲げている。2014年度から2015年度は04を実施した。また、2014年度からは実証研究の省エネルギー性能を統一的に評価する方法を構築するため、研究開発項目05として「太陽熱活用システムの評価法の構築」を掲げている。

  1. 高性能断熱材の開発
  2. 高機能パッシブ蓄熱建材の開発
  3. 戸建住宅用太陽熱活用システムの開発
  4. 太陽熱活用システムの実住宅での評価
  5. 太陽熱活用システムの評価法の構築

この調査は、上記の太陽熱活用システムの実住宅での評価により得られる実証データが2つのグループに分かれて実施している。そこで、今回の業務により、この実証研究の省エネルギー性能を同一の評価方法で統一的に評価する。

最終目標としては、実証研究で取得したデータを、住宅の省エネルギー基準への反映に活かし、住宅の一次エネルギー消費量計算プログラムを完成させるよう、データの提供と2016年度末に太陽熱活用システムの評価法を構築を掲げている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.