> > セプトアグリ・千葉工業大学など、「水耕ソーラーシェアリング」の資料公開

セプトアグリ・千葉工業大学など、「水耕ソーラーシェアリング」の資料公開

記事を保存

千葉工業大学大学院マネジメント専攻久保研究室のウェブサイトにて、久保研究室が株式会社セプトアグリと有限会社エム・エス・イーの3者で共同研究を行っている「水耕ソーラーシェアリング」に関する学会発表資料が公開された。

本資料は研究リーダーの久保教授が2016年9月にドイツのベルリンで開催された国際学会のElectronics Goes Green 2016+にて研究発表を行った際の資料。

本研究では、セプトアグリが開発した液肥を使わない独自の水耕栽培技術(特許出願済み)「EZ水耕」の応用技術として、ソーラーシェアリングへの導入に関する研究開発に取り組んでいる。


この記事は、たとえば

  • ソーラーシェアリングの可能性を検討する事業者にとって、新しい事例になります。
  • 太陽光発電システムの施工を手掛ける事業者にとって、新しいニーズとして参照できます。
  • 太陽光発電システムのメーカーにとって、製品開発の参考になります。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.