> > 温室効果ガス排出量の算定方法のガイドライン IPCCが作成開始

温室効果ガス排出量の算定方法のガイドライン IPCCが作成開始

 印刷 記事を保存

地球温暖化に関する科学的知見を提供している、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、10月17日~20日、タイ・バンコクにおいて第44回総会を開催した。

今回の総会では、「1.5℃の地球温暖化」をテーマとする報告書(1.5℃特別報告書)および「温室効果ガスインベントリ(目録)に関する方法論報告書」(方法論報告書)のアウトライン(章立て等)等が決定された。方法論報告書は、各国の温室効果ガス排出量の算定方法に関するガイドラインとなるものである。

環境省が、その主な決定事項をとりまとめ報告している。概要は以下の通り。なお、報告書のタイトルや章立て等の和文は暫定訳であり、今後変更の可能性がある。

(※全文:1663文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.