> > 宅配便の一括受け取り・深夜発送など実現する「スマート物流インフラ」 

宅配便の一括受け取り・深夜発送など実現する「スマート物流インフラ」 

記事を保存

Fujisawa SST協議会(代表幹事:パナソニック)とヤマト運輸(東京都中央区)は、Fujisawaサスティナブル・スマートタウン(以下Fujisawa SST)に、街全体の総合的な物流インフラとなる「Next Delivery SQUARE」を11月1日に開業する。

宅配会社の荷物を一括配送

この事業は、各宅配会社の荷物をまとめて届ける一括配送を全国で初めて戸建て住宅街で実施する。ライフスタイルの変化による受け取りニーズの多様化と、持続可能なスマートライフの実現を目指す。

2017年3月にはすべての荷物情報を一本化し、当日の配送予定情報や不在連絡をFujisawa SST内の各住宅に設置されたスマートテレビに配信する。居住者は、テレビ画面からまとめて配送日時の変更や受取場所の指定ができ、自宅ではなく「Next Delivery SQUARE」で受け取ることもできる。これにより、宅配業者ごとに連絡し、荷物を別々に受け取る手間や時間が省ける。

(※全文:1099文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.