宅配便の一括受け取り・深夜発送など実現する「スマート物流インフラ」 

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
※画像はイメージです

Fujisawa SST協議会(代表幹事:パナソニック)とヤマト運輸(東京都中央区)は、Fujisawaサスティナブル・スマートタウン(以下Fujisawa SST)に、街全体の総合的な物流インフラとなる「Next Delivery SQUARE」を11月1日に開業する。

宅配会社の荷物を一括配送

この事業は、各宅配会社の荷物をまとめて届ける一括配送を全国で初めて戸建て住宅街で実施する。ライフスタイルの変化による受け取りニーズの多様化と、持続可能なスマートライフの実現を目指す。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報