> > G7伊勢志摩サミット、温室効果ガスを全てカーボン・オフセット

G7伊勢志摩サミット、温室効果ガスを全てカーボン・オフセット

記事を保存

経済産業省、外務省、環境省、農林水産省は連携し、1日、国内の企業や自治体111者の協力を得て、今年5月に開催されたG7伊勢志摩サミットに伴う温室効果ガスの排出量について、カーボン・オフセット(排出量の埋め合わせ)を実施したと発表した。

G7伊勢志摩サミットでは、首脳や関係者の会場までの移動および宿泊、会場運営等に伴い26,050トンーCO2の温室効果ガスが排出された。これを、公募により募集した国内法人85者および、自治体26者から提供されたクレジットおよび、政府が保有するクレジットによって埋め合わせを行った。なお、G7サミットにおいて、法人や自治体の協力を得てカーボン・オフセットを実施する取り組みは、初めての試みだ。

同取り組みをまとめ、公表された報告書の概要は下記の通り。

(※全文:1082文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.