> > 改正FIT法、事業用の太陽光発電は運転開始期限を過ぎたら「買取期間を短縮」に

改正FIT法、事業用の太陽光発電は運転開始期限を過ぎたら「買取期間を短縮」に

記事を保存

経済産業省は、1日に開催した調達価格等算定委員会で、改正FIT法施行後の新認定制度で、事業用太陽光について、認定から3年の運転開始期限を超過した場合、20年の買取期間から超過期間分だけ月単位で短縮させるという案を示した。また、本委員会では事業用太陽光の入札制度について、買取価格・期間など詳細設計に関する議論も開始した。

新認定制度では、国民負担抑制のため、早期の運転開始に向けたインセンティブを設けるため、太陽光発電の運転開始期限を設定する。具体的には、本年8月1日以降に接続契約(工事費負担金契約まで)を締結する案件を対象に、新認定制度に移行後、住宅用太陽光については認定から1年、事業用太陽光については認定から3年という期限を設定する。

住宅用太陽光については、1年の運転開始期限を過ぎた場合、認定を取り消す。事業用太陽光については、認定時の価格から買取価格を毎年一定割合(例:年5%)下落させるか、買取期間を短縮させる、という2つのオプションが示され、本委員会で検討することになっていた。

(※全文:1316文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.