> > 地熱発電をガッツリ泊まり込みで習得する JOGMECの無料研修(3週間)

地熱発電をガッツリ泊まり込みで習得する JOGMECの無料研修(3週間)

記事を保存
地熱発電をガッツリ泊まり込みで習得する JOGMECの無料研修(3週間)

10月26日、石油天然ガス・金属鉱物資源機構(東京都港区、以下JOGMEC)は、地熱資源開発に携わる人材を育成するため、「地熱資源開発研修」の開催を発表した。

同研修は2017年1月16日~2月3日まで行われ、地熱資源開発関連業務の従事者、または従事を予定する者であれば無料で受講できる。

「若手技術者のネットワーク形成」も

研修内容は地質、地化学、環境影響、地熱発電設備、経済性評価等の地熱資源開発に関する各分野の座学、開発現場の視察。効率的な研修受講のため、地質・物理探査・地球熱学・P/L・B/S・キャッシュフローなどについてはあらかじめ自習しておくこと、自らが現場で抱えている課題やその対応策などを整理しておくことが推奨されている。

開催場所は秋田県金属鉱業研修技術センター(秋田県鹿角郡小坂町小坂鉱山字古館9番地3)。研修対象者は入社数年~10年程度の地熱資源開発関連業務に従事する者、従事を予定する者。定員は20名程度で、希望者が多い場合は申込書の記載された内容により調整される。

受講料は無料(交通費、滞在費等は除く)。申込み希望者は、12月2日(金)までにJOGMECへ申込書を送付する。

地熱分野を学ぶ場所がない

JOGMECでは、日本では地熱分野を扱う大学等の教育機関が減少していること、地熱資源開発について体系的に学ぶことのできる中長期間の研修プログラムが減少していることなどにより、今後の地熱資源開発を担う若手技術者の育成が課題だと考えている。

このため、この研修は、

  1. 地熱資源開発に必要な実践的な知識の取得
  2. 熟練技術者から若手技術者への技術の継承
  3. 若手技術者のネットワーク形成

などを目的として実施される。

なお、同機構は「地熱資源開発調査事業費助成金」の交付も行っている。地熱資源調査を行う場合に、調査費の一部を助成金として交付する支援制度だ。助成対象者は地元の地別関係法人もしくは地元に主たる事務所が所在している法人。2016年度の公募状況は11月2日時点で23事業が採択されている。公募期間は11月30日まで。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.