> > 「木質バイオマスの熱利用」も泊まり込みでガッツリ習得 JWBAの無料研修

「木質バイオマスの熱利用」も泊まり込みでガッツリ習得 JWBAの無料研修

記事を保存
「木質バイオマスの熱利用」も泊まり込みでガッツリ習得 JWBAの無料研修

日本木質バイオマスエネルギー協会(東京都台東区、JWBA)は、地域で木質バイオマス事業を進める人材を育成するために、熱利用を中心とした、木質バイオマスに関する専門的な知識を座学やフィールドワークなどによって学ぶ研修会を12月に熊本県、岩手県、徳島県、長野県で開催する。研修費は無料。別途、宿泊費等が必要となる場合がある。申し込み期限は11月25日(金)。

具体的には、この研修会では、木質バイオマスのエネルギー利用について、各地域の状況に応じて、関係者とネットワークを構築しつつ、「小規模な熱利用」の事業を適切にプランニングできるよう、全体像からボイラの選定方法、簡単な収支シミュレーション手法までを学習する。さらに、より実用的な知識を得て、実践活動に活かしてもらうため、一方的な講義だけではなく、地域ですでに実践されている現地の視察や参加者同士との意見交換を実施する。

先着20名限定の無料研修会

研修会名は「木質バイオマスエネルギー地域実践家育成研修会」。定員は各会場ともに最大20名、先着申込順。研修費は無料だが、別途宿泊費・食事代・研修施設への送迎費などが必要となる場合がある。地域ごとに金額が異なるが、総額で1~2万円程度となる見込み。プログラム内容や研修費以外にかかる費用等、詳細は同協会サイトの会場ごとの専用ページを参照のこと。

開催地域・日時

  • 第1弾:熊本県小国町 12月1日(木)13:00 ~ 2日(金)17:00
  • 第2弾:岩手県遠野市 12月5日(月)13:00 ~ 6日(火)17:00
  • 第3弾:徳島県吉野川市 12月8日(木)13:00 ~ 9日(金)17:00
  • 第4弾:長野県池田町 12月15日(木)13:00 ~ 16日(金)17:00

参加対象者

  1. 実際に木質バイオマスエネルギーの熱利用の取り組みを検討している人
  2. 都道府県、または、地域自治体の木質バイオマスの推進に取り組んでいる人
  3. 地元で木質バイオマスを利用したい、実際に事業者として取り組みたいと考えている人

主なプログラム内容は下記のとおり。地域によっては、参加者による懇親会などを行う場合もある。

講義1:木質バイオマスエネルギー利用とは

バイオマスの重要性、現在の利用状況(発電・熱利用)、課題と今後の方向性等、木質バイオマスエネルギーを利用する上で、必要となる基本的な事項をまとめて解説する。

講義2:木質バイオマスエネルギーの熱利用

木質バイオマスエネルギーの熱利用のうち、特に小規模の利用について、下記の項目について、現地視察と合わせて講義する。内容は木質バイオマス燃料の特徴と品質、単位の整理/木質バイオマスによる熱利用システム/バイオマスボイラーの構造/化石燃料ボイラーとの違い/木質バイオマスボイラーの導入手順/熱需要分析とボイラー規模の決定/経済性の検討/熱回路、配管、建屋の設計/木質バイオマス設備の設置・設定…など。

現地視察

実際に導入されている木質バイオマスボイラーの現地見学とともに、バイオマスシステムを現場で学ぶ。

ワークショップ

講義全体を振り返っての質問、実際に導入するにあたっての疑問点、課題などを講師・参加者が一緒になって、導入に向けた具体的な内容をワークショップ形式で話し合う。


参加の申し込み方法は、同協会サイトに設けられた、申込フォームより申し込む。申し込み期限は11月25日(金)。

発電を伴わない木質バイオマスの熱利用を

同協会によると、世界的には、木質バイオマスのエネルギー利用は、熱利用を中心に発達している。一方、日本では、2012年7月から固定価格買取制度(FIT制度)が始まり、多くの発電事業が計画され、稼働を開始する発電所も増えているが、その多くは熱利用を伴わない事業なのが現状だ。発電を伴わない木質バイオマスの熱利用は、FIT制度以前から、国内では増えつつあるが、木質バイオマスのポテンシャルに対して、必ずしも十分に拡大しているとは言えない状況である。

その背景には、熱利用の適切なプランニングを行うことのできる地域の人材が不足していることがあると考えられる。そこで、この「木質バイオマスエネルギー地域実践家育成研修会」を実施し、地域における木質バイオマスエネルギー利用推進をサポートする。

【出典】

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.