> > 本当の電力ビジネスはここからだ OCCTOがネガワット取引の実務説明会開催

本当の電力ビジネスはここからだ OCCTOがネガワット取引の実務説明会開催

記事を保存

電力広域的運営推進機関(OCCTO)は、来年4月の改正電気事業法施行により、節電した電力量(ネガワット)を需給調整に活用するネガワット取引が可能となることを受け、小売電気事業者とネガワット事業者を対象に、実務説明会を11月16日、11月30日に開催する。

内容は必要な準備や申請、計画提出などの手続きなど。説明会の資料は準備中で、11月14日(月)に掲載予定。最終版は改めて公表する。概要は下記の通り。

小売電気事業者もネガワット取引に参加する可能性アリ

対象者は下記の通り。なお、小売電気事業者は今後、供給先需要者がネガワット取引を希望するなどの場合、ネガワット事業者と協議し、結果としてネガワット取引に参加する可能性があることに注意が必要だ。

  • 小売電気事業者
  • ネガワット事業者(参入を検討している事業者を含む)
  • 直接協議スキームによるネガワット取引を検討している事業者

開催日時は下記の通り、計4回予定されている。

  1. 11月16日(水)13:00~14:00(申込期日:11月10日(木))
  2. 11月16日(水)14:30~15:30(申込期日:11月10日(木))
  3. 11月30日(水)13:30~14:30(申込期日:11月24日(木))
  4. 11月30日(水)15:00~16:00(申込期日:11月24日(木))

申込状況により、時間の変更が必要となる場合、または参加できない場合もある。その際は申込期日の翌日12時までに連絡がある。場所は東京都江東区の電力広域的運営推進機関の会議室にて。参加申し込み方法は必要事項を記載の上、メールで申し込む。

本当の電力ビジネスはここからだ

改正電気事業法では、ネガワットについても、発電した電力量と同様に、一般送配電事業者が行う電力量調整供給(インバランス供給)の対象となる。インバランス供給は、小売電気事業者等が事前に計画した供給(需要)量の計画値と実績値の差分を一般送配電事業者が調整することをいう。

これを踏まえ、ネガワット事業者(多数の需要家を束ねてネガワットを小売電気事業者等に供給力する専門の第三者)、小売電気事業者および需要家の三者が、条件を協議・事前に合意して行う「直接協議スキーム」により、家庭も含めた多様な需要家を対象に、幅広い小売電気事業者等が行うネガワット取引の拡大が期待されている。

OCCTOは、この新たなネガワット取引の実務についてこれまで検討を進めてきた。今回の説明会は、その検討結果を踏まえ、ネガワット取引を円滑に開始するために実施される。

なお、「直接協議スキームによるネガワット取引」とは、小売電気事業者が同時同量達成のために需要削減量を調達するもの(累計I)のうち、他の小売電気事業者の需要家によって生み出された需要削減量を調達するもの。

【出典】

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.