> > 山梨県など4社が協働 再エネの余剰電力から水素を製造するシステムの実証

山梨県など4社が協働 再エネの余剰電力から水素を製造するシステムの実証

 印刷 記事を保存

東レ(東京都中央区)・東京電力HD(東京都千代田区)・山梨県・東光高岳(東京都江東区)が、P2G(Power to Gas)システムの技術開発と実証研究を進め、CO2フリーの水素エネルギー社会を実現するため、11月4日に協定を締結した。

再エネの「ムダ」から水素を作る「P2Gシステム」

P2Gシステムとは、天候の変化で不安定になる再生可能エネルギーの電力で、水素を製造し、貯蔵・利用するシステム。P2Gシステムで、再生可能エネルギーの発電量が安定されることが期待されている。今回協働する四社は、このP2Gシステムを活かし、太陽光発電から生じる電力でおよそ年間45万Nm3の水素を製造することを目指している。

(※全文:1022文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.