> > トランプ大統領、爆誕 ――どうなる米国の太陽光発電政策

トランプ大統領、爆誕 ――どうなる米国の太陽光発電政策

記事を保存
トランプ大統領、爆誕 ――どうなる米国の太陽光発電政策

本日開票が進んでいた2016年米国大統領選挙において、ドナルド・トランプ氏が270票以上を獲得し、当選が確実となった。上院・下院においても共和党の勝利が確定した。

トランプ氏は、米国政府が実施した太陽光発電産業への投資が経済的な失敗であったといった発言や、石炭エネルギーへの支持を仄めかすなど、環境業界にも少なからず影響がありそうだ。

トランプ氏は他にも、「気候変動問題は中国のでっちあげ」といった趣旨をTwitterで投稿したこともあり、現在開催されているパリ協定への影響も懸念される。

米国の太陽エネルギー産業の従事者は、2015年11月時点で約21万人と推計されている。また、年率20.2%で増加しており、これは全米の総雇用数の成長率(年率1.74%)に比べて大きいことが分かる。雇用面としても重要な太陽光産業にも、今回のトランプ氏勝利が影響すると予測される。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.