トランプ大統領、爆誕 ――どうなる米国の太陽光発電政策

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
※画像はイメージです

本日開票が進んでいた2016年米国大統領選挙において、ドナルド・トランプ氏が270票以上を獲得し、当選が確実となった。上院・下院においても共和党の勝利が確定した。

トランプ氏は、米国政府が実施した太陽光発電産業への投資が経済的な失敗であったといった発言や、石炭エネルギーへの支持を仄めかすなど、環境業界にも少なからず影響がありそうだ。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事