> > 観光ガイドにもクリーンなIoT技術を NEDOが実証実験

観光ガイドにもクリーンなIoT技術を NEDOが実証実験

記事を保存
観光ガイドにもクリーンなIoT技術を NEDOが実証実験

リアライズ・モバイル・コミュニケーションズ(東京都)、日立製作所(東京都)およびサイバー創研(東京都)は、11月9日から奈良県の東大寺で無線発信機のクリーンビーコンとスマートフォンアプリを用いた観光ガイドの実証実験を開始した。

この実証実験で利用されるビーコン(クリーンビーコン)は、無給電で24時間動作し、ソーラーパネルや蓄電デバイスを内蔵していることが特徴だ。より効果的に利用できるよう、室内照明や木陰でも動作が可能となる「環境発電エネルギーマネジメント回路」が活用されている。

実証実験は、東大寺境内で行われ、専用のアプリをインストールすると、ビーコンの電波を受信しその場に応じた観光ガイドムービーが自動作成されるというもの。これにより、外国人観光客に対して、東大寺の概要や歴史の説明、参拝のマナーなどを紹介するツールとして利用されることを目的としている。

今後は、プロジェクト終了後に、クリーンビーコンの設置・利用ガイドラインなどの一般公開などが予定されている。また、既存のプラットフォームやサービス提供事業者へも連携を呼びかけ、幅広い分野での活用を提案していくとしている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.