> > 風力発電の落雷検知、もっと正確に 中部大学などが研究開発スタート

風力発電の落雷検知、もっと正確に 中部大学などが研究開発スタート

記事を保存
風力発電の落雷検知、もっと正確に 中部大学などが研究開発スタート

一般的な雷検出装置

NEDOは11月11日、落雷被害による風車の停止時間を低減し稼働率を上げるため、雷検出装置などの評価技術の開発を実施すると発表した。

雷を正確に検知する装置の検討など

この事業の委託先は日本海事協会(東京都千代田区)、中部大学(愛知県春日井市)、電源開発(東京都中央区)。2017年度まで、3者が協働で下記3つの評価技術を開発する。

  1. 風力発電設備への落雷を検出する雷検出装置の所要性能の検討
  2. 接地システムの健全性確認技術の開発
  3. 雷リスクマネジメント方策の取りまとめ

雷検出装置の性能については、落雷を想定したさまざまなインパルス電流に対し、雷検出装置がどのような応答を示すのか検証することを指す「雷インパルス波形試験」や、交流電源を用いた周波数特性評価などを行い、必要な性能を検討する。

NEDOはこの事業を通じて、落雷発生時の風車の停止時間の低減、風力発電設備の稼働率向上を目指す。

落雷対策には検知システムが不足している

日本における風力発電は、落雷による被害が多数発生している。

そのため、落雷によるブレード破損や火災事故などの公共安全を確保するため、発電用風力設備の技術基準において風車への雷検出装置の設置が義務付けられている。この結果、NEDOの成果である「落雷マップ」で示された雷対策重点地域では、新たな落雷対策のための技術基準が設けられ、一定の効果を上げている。

しかし、雷検出装置で適正に落雷を検知できなければ、風車に被害を及ぼすような落雷が発生しても運転し続け、結果的に大きな事故につながる場合や、逆に風車に影響を及ぼさない落雷を検出して必要以上に運転を止め、風車の稼働率低下につながる可能性が指摘されている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.