> > 超小型熱電併給、余熱利用… 貴重なデータ満載、バイオマス活用事業のレポート

超小型熱電併給、余熱利用… 貴重なデータ満載、バイオマス活用事業のレポート

記事を保存

栃木県は、バイオマスによる熱供給事業を核としたスマートコミュニティの構築に向け、中山間地域においてモデルとなる3つのプロジェクトを選定し、事業化に向けた調査を2015年度に実施した結果を発表した。

3つのプロジェクトは、那珂川町の「農業施設での木質チップボイラーの余熱利用」、栃木市の「温浴施設等への超小型熱電供給バイオマス設備導入」、さくら市の「耕作放棄地を活用し栽培したバイオマス燃料の熱利用」。

本事業では、各プロジェクトについて、「地域エネルギー需要量(熱・電力等)」「地域エネルギー供給可能量」を検討した結果を踏まえて、事業収支および想定投資額等を試算した。また、現時点での事業者および事業者選定方法を検討し、今後の事業の流れをヒアリング等の結果を元にスケジュールとして設定している。

(※全文:1439文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.