> > 「気候風土をうまく利用したエコ住宅」への補助金、2件採択

「気候風土をうまく利用したエコ住宅」への補助金、2件採択

 印刷 記事を保存

国土交通省は11月10日、伝統的な住文化を継承しつつ、環境負荷の低減を図るモデル的な住宅の建設に補助金を交付する「平成29年度サステナブル建築物等先導事業(気候風土適応型)」の第1回応募案件の中から、2件のプロジェクトを採択したと発表した。

この事業は、地域の気候風土に応じた木造建築技術の継承・発展と低炭素社会の実現に貢献するため、伝統的な住文化を継承しつつ、環境負荷の低減を図るモデル的な住宅の建設に対して、国が掛かり増し費用(官公庁が行う補助事業などで、先導的取り組みをした場合の工事費と行わなかった場合の工事費の差額)の一部を補助するもの。

採択は、専門家による「サステナブル建築物等先導事業(気候風土適応型)評価委員会」が評価基準を設定した上で行った。評価委員会が設定した評価基準は次の3点。

  1. 地域の気候風土に応じた木造建築の要素技術を活用しているかどうか、またその活用の程度
  2. 現行の省エネルギー基準ではただちに評価が難しいが、環境負荷低減に寄与すると考えられる対策を行っているかどうか、またその対策の程度
  3. 上記2点の実施の程度を踏まえ、伝統的構法の継承に配慮しつつ、サステナブルな社会の形成に向け、長期耐用性や省エネルギー等の環境負荷低減効果が高い水準で期待される先導的な事業提案であるか

採択された2件の事業概要と、評価内容は以下のとおり。

(※全文:1952文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.