> > カスケード利用する木質バイオマス発電事業 国産の未利用木材をムダなく活用

カスケード利用する木質バイオマス発電事業 国産の未利用木材をムダなく活用

記事を保存

タケエイ(東京都港区)は、17日、秋田県大仙市において、木質バイオマス発電事業の立ち上げについて具体的な検討を開始すると発表した。売電開始は2019年頃の予定だ。

この木質バイオマス発電事業は、同社にとって、東北地方における4例目のプロジェクトだ。東北地方において、3社の木質バイオマス発電会社をすでに事業化し、そのうち津軽バイオマスエナジー(青森県平川市)では、2015年12月から売電を開始している。今後も2017年2月に花巻バイオマスエナジー(岩手県花巻市)で、2019年に田村バイオマスエナジー(福島県田村市)でも売電事業をおこなう予定だ。

同発電施設の発電量は7,000kW程度(一般家庭約15,000世帯の年間消費電力量に相当)を見込んでおり、燃料は、未利用の木質資源を地元林業事業者が分別集積した後、燃料用チップに加工・製造し利用する予定だ。事業計画の対象エリアである大仙市および、隣接する仙北市・秋田市・由利本荘市は、日本有数の山林蓄積を誇る林業の盛んな地域で、バイオマス発電の燃料としである未利用木材・一般木質材・製材端材等についても、相当量が発生するものと見込まれている。

(※全文:996文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.