> > 新電力のシェア率、2017年5月で約10.4%に 会社別ランキングも公表

新電力のシェア率、2017年5月で約10.4%に 会社別ランキングも公表

 印刷 記事を保存

経済産業省は8月22日、2017年5月時点で、2016年4月の電力の小売り自由化以降、電力の契約を変更(スイッチング)した一般家庭(低圧分野)の件数が約634万件に達し、スイッチング率は約10.1%に到達したと発表した。

内訳は、東京電力エナジーパートナー(東京都港区)や関西電力(大阪府大阪市)など、みなし小売電気事業者(旧一般電気事業者)から新電力へのスイッチング件数が約353万件(約5.6%)、みなし小売電気事業者内のスイッチング件数が約281万件(約4.5%)。

2016年4月以降、小売電力市場における新電力のシェアが増加しており、2017年4月時点における販売電力量ベースの新電力シェアは、約9.2%となっている。電圧別には、特高・高圧分野に占める新電力シェアは約12.1%、低圧分野に占める新電力シェアは約4.6%。

新電力シェアとスイッチング率については、下記の理由から、両者は必ずしも一致しないと説明している。

(※全文:1262文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.