> > 都市型農業を拡大するため、約2,500万円の補助金を交付する米国の事例

都市型農業を拡大するため、約2,500万円の補助金を交付する米国の事例

記事を保存

非営利団体のメトロ・アトランタ・アーバンファームは米国農務省(USDA)から約2,500万円の助成を受け、地元住民に対して都市型農業に関するサービスを拡大する。同団体は地元住民からの要望を受け、コミュニティ・ガーデンや直売所の運営などを目的に2009年に設立された。

都市部では食に興味・関心が低く、高血圧・糖尿病など生活習慣病に悩む住民も多い。地産地消やさいの購入やコミュニティーガーデン、休日に行われるイベントなどを通じて、少しでも住民が食のフードチェーンに参加できる機会を提供しており、結果的に医療費削減にもつなげようと自治体も協力している。


この記事は、たとえば

  • 農業の振興事例や医療費削減などの政策を検討する自治体担当者にとって参考になります。
  • 都市型農業を検討する事業者にとって、海外の先行事例を参照できます。
  • 農業と、太陽光発電・コンポスト・水の再利用などを連携させた事例として参照できます。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.