> > ユーグレナ、あの「台風発電」のチャレナジーに出資

ユーグレナ、あの「台風発電」のチャレナジーに出資

記事を保存

11月17日、ユーグレナインベストメント(東京都港区)は、同社が運営するベンチャーキャピタルファンドの新たな投資先として、小形風力発電機「垂直軸型マグナス風力発電機」を開発するチャレナジー(東京都墨田区)への出資を実施した。

同ファンドでは出資に加え、出資企業との連携推進、研究開発や販売・マーケティング活動についてもチャレナジーを支援する。

台風でも発電できる小形風力発電機

チャレナジー社は2014年に設立された企業で、次世代風力発電機の開発、製造・販売などを事業として展開している。以前環境ビジネスオンラインでも取り上げた同社の「垂直軸型マグナス風力発電機」は、既存風力発電機のプロペラの代わりに、回転する複数の円柱が風を受けたときに生じる揚力(※図2)を用いて回転軸を自転させて発電する「マグナス方式」と、地面に垂直に回転軸を配置する「垂直軸型」を組み合わせた風力発電機である。

(※全文:1246文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.