> > パリ協定のルール、2018年までに策定 COP22閉幕

パリ協定のルール、2018年までに策定 COP22閉幕

記事を保存

モロッコ・マラケシュで7日から開催されていた国連気候変動枠組条約第22回締約国会議(COP22)が18日閉幕した。パリ協定の詳細なルールについては2018年までに策定することで合意した。次回COP23は、フィジーが議長国となり、2017年11月にドイツ・ボンで開催される。

また、会合期間中に行われた米大統領選でトランプ氏が当選したことを受け、参加国からは、来年発足する次期政権の気候変動政策に対する懸念の声もあがった。議長国モロッコは、重要な課題である気候変動問題の解決に向けて、今後も国際的な協力の下、前進していくことを呼びかける文書「マラケシュ行動宣言」を発表した。

(※全文:828文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.