> > Amazonや楽天などに省エネ義務? 宅配サービス増加でCO2排出増、政府が検討

Amazonや楽天などに省エネ義務? 宅配サービス増加でCO2排出増、政府が検討

記事を保存

経済産業省は25日に開催する省エネルギー小委員会(第20回)において、消費者に商品を配送で届ける、インターネットを利用した通販事業者や小売り事業者などに対する、省エネ法における対応について検討する。

省エネ法では、事業において荷物を継続して貨物輸送事業者に輸送させる「荷主」に対して、貨物輸送に係るエネルギーの使用の合理化に努めること等を求めている。また、年度の輸送量が3,000万トンキロ以上である荷主を「特定荷主」として指定し、エネルギー使用の状況の報告等の義務を課している。

特定荷主は839事業者で、その約8割は製造業だが、成長著しい電子商取引(EC)をはじめ、小売業等の非製造業のエネルギー消費量も増加しており、実態の把握が求めらている。経産省の資料によると、BtoCのEC市場は、2030年に2015年比2.3倍になると予測されている。

(※全文:1832文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.