> > フィンランドの五ツ星レストラン「Savoy」、植物工場を導入

フィンランドの五ツ星レストラン「Savoy」、植物工場を導入

記事を保存

三菱化学(東京都千代田区)は、22日、フィンランドの五ツ星レストランRavintola Savoy(以下「Savoy」)と共同で、完全人工光型植物工場システム「Plant PlantTM」の実証試験およびマーケティングを実施すると発表した。

Savoyは1937年に開業したヘルシンキの老舗高級レストラン。2010年からレストランの屋上ガーデンテラスで、自家製マイクロハーブや食用花など年間50種以上の植物を栽培し、同店独自のメニューに使用してきた。

マイクロハーブとは、葉がまだ小さいうちに収穫したハーブだが、ヘルシンキの長く寒い冬にはテラスでの栽培が不可能だ。そのため冬季(10月から5月)は、レストランのメニュー変更を余儀なくされていた。

(※全文:1027文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

前後の記事

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.