> > インドの病院で太陽光発電・BEMSの導入実験 消費電力30%削減を目指す 

インドの病院で太陽光発電・BEMSの導入実験 消費電力30%削減を目指す 

記事を保存
インドの病院で太陽光発電・BEMSの導入実験 消費電力30%削減を目指す 

実証概要図

NEDOは、インドの健康家族福祉省、全インド医科大学ニューデリー校と共同で、病院全体のエネルギー削減・ICTを活用した医療データの有効活用事業を行うことに合意し、11月30日に基本協定書(MOU)を締結した。

この実証事業では、インドの高等教育機関兼病院である全インド医科大学(AIIMS)ニューデリー校に、太陽光発電などの設備とエネルギーマネジメントシステム(EMS)を導入し、システムネットワークの有効性を検証する。「再エネによる商用電力使用量の削減」「高効率の空調機器・照明等の更新」「エネルギーマネジメントシステムによる病院全体の電力使用を最適化」した上で、省エネ型のICT Platformを構築する。

この事業により、電力が不足するインドの病院において、最適なエネルギーマネジメント(環境面、コスト面、信頼性)を実証し、2014年度(実績)比で消費電力30%の削減を目指す。なお、NEDOのインドにおける「ICT活用型グリーンホスピタル実証事業」の実証前調査(2015年)では、実証内容の確認などを決定する実証前調査事業を日立製作所(東京都千代田区)と日立インド社(インド・バンガロール)が受託し実施している。

気象条件も含めて分析、「医療業務」自体も効率化

また、この事業で構築する省エネ型のICT Platformは、医療効率とシステム改善を行うインフラ基盤となる。省エネ機器とIT機器を統合して運用することで、エネルギー制御だけでなく、医療情報データを一元的に管理・活用する。

その他にも、医療画像データの電子管理などにより病院の運営・診療効率を高め、将来的には、設備条件・気象条件などを元にしたエネルギー需要予測により、設備の最適運転計画による省エネ実現や、高効率ITソリューションによる医療データ統合・活用を目指す。これにより医療業務の効率化を図り、病院全体でのエネルギー使用量の増加抑制を狙う。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.