> > 風力発電向け「セカンドオピニオンサービス」 心配な不具合などにアドバイス

風力発電向け「セカンドオピニオンサービス」 心配な不具合などにアドバイス

記事を保存

損保ジャパン日本興亜(東京都新宿区)とSOMPOリスケアマネジメント(同)は、6日、風力発電の運転・メンテナンス中の各種トラブルの解決策を提供する「風力発電事業者向けセカンドオピニオンサービス」を11月から開始したと発表した。

同サービスは、損保ジャパン日本興亜の火災保険に加入している風力発電事業者を対象に提供されるもので、保険1契約につき年1回まで無料で利用することができ、2回目以降は有料となる。

同社の調べでは、風力発電の運転・メンテナンス中における不具合は、各メーカーのマニュアルに従い修繕対応することが一般的で、対処に迷った際や不具合がなかなか解消しない場合、風車メーカーやメンテナンス会社へ都度照会し、対処方法などの情報を得るのが一般的だ。

しかし、不具合の内容によっては、初回の診断を得るまでに時間がかるケースや、回答があっても風力発電事業者にとってコストが高く、実施を躊躇するなどの問題点がある。

さらに、不具合対処の遅れなどの判断誤りが、事故・故障箇所の物的損害の拡大やダウンタイム(操業停止)の長期化など、大きな損害につながるケースも多い。同社はこの問題を解消するため、同サービスの提供をおこなう。

同サービスは、SOMPOリスケアを窓口とし、セカンドオピニオンサービスを提供する。風力発電事業者の運用・保守に関するご相談事項について、風力メンテナンスサービス会社や経験豊富なエンジニア・有識者に見解を求め、その意見を総合的にとりまとめ回答する。

同社は、このサービスを提供することで、風力発電事業における事故や故障を未然に防ぎ、被害拡大の防止を図る。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.