> > 低迷する地方の路線バスも復活させ、省エネも実現する「客貨混載」が表彰

低迷する地方の路線バスも復活させ、省エネも実現する「客貨混載」が表彰

 印刷 記事を保存

ヤマト運輸(東京都中央区)は12月8日、第13回エコプロダクツ大賞において、路線バスを活用した宅急便輸送「客貨混載」の取り組みが「環境大臣賞」を受賞したと発表した。

「物流」×「地域活性」で三方よしを実現

この事業は2015年6月より、同社と岩手県北自動車(岩手県)が連携し行われているもの。一定量の宅急便を積載するために、座席の一部を荷台スペースとするなどして、トラックで運行していた区間の一部を路線バスに切り替えて輸送する。

同様の「客貨混載」の取り組みは、今では宮崎県や北海道、熊本県で地域のバス事業者と連携して展開されている。

(※全文:1376文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.