> > 環境業界への投資を強化する「ESG投資」 環境省がシンポジウム開催

環境業界への投資を強化する「ESG投資」 環境省がシンポジウム開催

 印刷 記事を保存

環境省は3月2日、金融市場を通じて企業の環境施策を促す「環境金融」を拡大するため、「ESG投資」に関するシンポジウムを東京都内で開催する。

テーマは「ESG投資の適切な普及・定着に向けて」

このシンポジウムは、先般取りまとめた、ESG投資に関する基礎的な理解の向上に資することを目指した解説書(ESG解説書)を題材として、環境金融のさらなる発展や、企業の持続的成長をテーマに実施する。

まず日本銀行による「環境金融のさらなる発展に向けて(仮)」と題した基調講演が行われる予定。続くパネルディスカッションでは、インベストメントチェーンの関係者が参画し、「企業の持続的成長とESG投資」とのテーマのもと、投資家や企業に期待される取組み等について議論する。

開催日時は2017年3月2日(木)、14:30~17:00。会場は三田共用会議所1階 講堂(東京都港区)。定員は先着250名、参加費は無料。申込みは事務局へメールで申し込む。申込期限は2月28日(火)12:00。プログラムは下記の通り。

事業報告「ESG検討会 2カ年度事業の振り返り」

有限責任監査法人トーマツ パートナー 山本 御稔氏

基調講演「環境金融のさらなる発展に向けて(仮)」

日本銀行金融機構局 金融高度化センター長 家田 明氏

パネルディスカッション「企業の持続的成長とESG投資 - 『ESG解説書』を考える -」

パネリスト

  • オムロン執行役員常務 グローバルIR・コーポレートコミュニケーション本部長 安藤 聡氏
  • 東京海上アセットマネジメント(株) 代表取締役社長大庭 雅志氏
  • 企業年金連合会 参与・コンプライアンスオフィサー桂 照男氏
  • 青山学院大学大学院国際マネジメント研究科 教授(ESG検討会座長) 北川 哲雄氏

モデレーター

  • りそな銀行(運用WG共同座長機関)信託財産運用部 企画・モニタリンググループリーダー 松原 稔氏

国際動向紹介「金融安定理事会 気候関連財務ディスクロージャー タスクフォース 報告書について」

東京海上ホールディングス 経営企画部部長 兼 CSR室長、金融安定理事会 気候関連財務ディスクロージャー タスクフォース メンバー 長村 政明氏

環境省、環境業界へのお金の流れ拡大を強化

環境省では「環境金融」の拡大に向けて取組みを強化している。また、2015年10月に設置した「持続可能性を巡る課題を考慮した投資に関する検討会」(ESG検討会)において、ESG解説書を作成し本年1月に公表した。

今回のシンポジウムは、ESG解説書の作成に向けたこの2カ年度事業の最終報告を行うため、これまでの取組みや成果等を幅広く関係者と共有し、理解を深める場として、21世紀金融行動原則 運用・証券・投資銀行ワーキンググループ(運用WG)との共催で開催する。

なお、「インベストメントチェーン」とは、様々な投資主体による長期的な価値創造を意識した、リターンを最終的に家計まで還元する一連の流れのこと。「環境金融」は金融市場を通じて環境への配慮を誘導することで、企業の行動等を環境配慮型に変えていくメカニズムをいう。「ESG投資」は環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)に関する情報を考慮した投資のこと。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.