> > 環境省、ESG投資の解説書「ESG投資に関する基礎的な考え方」を公開

環境省、ESG投資の解説書「ESG投資に関する基礎的な考え方」を公開

 印刷 記事を保存

環境省は1月12日、ESG投資に関する基礎的な理解の向上に資することを目指した解説書「ESG投資に関する基礎的な考え方」を公開した。

中長期的な投資判断の選択肢であるESG投資

ESG投資とは、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)に関する情報を考慮した投資のこと。これは、長期投資家が、企業の持続的成長を促す観点から、パリ協定のような長期的なシグナルを考慮し、適切な投資判断を下す投資選択の一つとなり得るとされている。

また、中長期的な企業価値評価においてESG情報等を考慮することは、財務情報だけから企業を分析・評価するよりも多くの情報を考慮した分析等を行えるため、様々なリスクを見極めた投資判断につなげることが可能であるとされている。

解説書を読めばESG投資が理解できる

この解説書は、一昨年10月に同省が立ち上げた「持続可能性を巡る課題を考慮した投資に関する検討会」(ESG検討会)で纏められたもの。同書は、ESG投資に関する基礎的な理解を促す手掛かりを提供することを目的としている。

ここでいう理解とは、(1)「ESG投資の意義」についての理解、(2)「ESG投資の実践に向けた課題」についての理解、(3)「ESG投資の実践に向けた課題に対する取組の方向性」についての理解、の3つである。

具体的には、ESG投資がなぜ注目されているのかといったことや、海外・国内の動向、ESG投資の実践に向けた課題と取組の方向性について、などが記載されている。

以下に、解説書の概要をまとめた。

(※全文:2768文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.