> > バイオマスエネルギーの先行事例・導入要件が聴けるワークショップ

バイオマスエネルギーの先行事例・導入要件が聴けるワークショップ

記事を保存

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、バイオマスエネルギー事業について現在策定中の技術指針・導入要件や、先行事例を紹介するワークショップを、1月12日~13日の2日間、福岡市内にて開催する。

初日は木質バイオマス、2日目は湿潤系バイオマス

イベントの名称は「バイオマスエネルギーの地域自立システム化実証事業ワークショップin博多『みんなで考える持続可能なバイオマスエネルギー事業』」。バイオマスエネルギー事業について関心がある事業者や地方公共団体、NPO法人など。

当日は計画立案の参考情報として現在策定中の技術指針・導入要件の紹介と、先行する事業に携わっている事業者や市町村、関連分野の有識者が事例紹介などの講演、持続可能なバイオマスエネルギー事業の成立要件などについて、パネルディスカッションを行う。

2017年1月12日(木)に木質系バイオマス分野の会、1月13日(金)に湿潤系バイオマス分野の会を、いずれも13時からリファレンス駅東ビル貸会議室(福岡市)にて開催。参加費は無料、定員は先着順100名で、ホームページで申し込み受け付けている。イベントの登壇者は下記の通り。

1月12日(木):木質系バイオマス分野

  • 株式会社伊万里木材市場 代表取締役 林 雅文氏
  • 田島山業株式会社 代表取締役 田島 信太郎氏
  • 九州大学 先導物質化学研究所 教授 林 潤一郎氏
  • 特定非営利活動法人活木活木森ネットワーク 理事長 遠藤 日雄氏

1月13日(金) 湿潤系バイオマス分野

  • 福岡県大木町 副町長 境 公雄氏
  • 株式会社ジェイネックス 取締役工場長 早坂 俊彰氏
  • 九州大学大学院農学研究院 教授 矢部 光保氏
  • 北海道大学大学院工学研究院 准教授 石井 一英氏

NEDOでは2014年度よりバイオマスエネルギーの健全な導入に資することを目的として、持続的かつ経済的に成立することを目指し、「バイオマスエネルギーの地域自立システム化実証事業」を実施している。今回のワークショップは本事業の一環。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.