> > 栃木県、温浴施設にバイオマス利用設備を導入する事業者を公募

栃木県、温浴施設にバイオマス利用設備を導入する事業者を公募

 印刷 記事を保存

栃木県は、栃木市内の公共の温浴施設にバイオマス利用設備を導入する民間事業者を募集している。

今回公募される「バイオマス利用スマートコミュニティ構築サポート事業」は、昨年度実施された「中山間地域スマートコミュニティ導入支援事業調査委託業務」の調査結果に基づき、事業化を行うもの。2015年度に実施した同調査事業では、3ヶ所の有望地域を選定し、各地についての課題や段階的な整備の見通し、事業収支の試算などが行われた。今回の事業では、有望地域として調査が行われた栃木市での案件を事業化する。

各種補助金や融資制度なども案内してくれる

バイオマス設備を導入する対象設備は「栃木市大平健康福祉センター(ゆうゆうプラザ)」ほか。

(※全文:690文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.