> > 伊藤忠商事、ドイツの巨大洋上風力発電事業(288MW)に参画

伊藤忠商事、ドイツの巨大洋上風力発電事業(288MW)に参画

記事を保存
伊藤忠商事、ドイツの巨大洋上風力発電事業(288MW)に参画

伊藤忠商事(東京都港区)は20日、香港のCITIC Pacific社と共同で、デンマーク年金ファンドが保有するブーテンディーク洋上風力発電所(ドイツ)に参画すると発表した。同社は、同発電所の権益22.5%を取得することで合意した。

2015年8月に営業運転を開始した同発電所は、ドイツ北海沖で稼働中の洋上風力発電所としては最大級。総発電量288MWで、ドイツ標準家庭の約の37万世帯分の電力を供給する。

ブーテンディーク洋上風力発電所 位置

ブーテンディーク洋上風力発電所 位置

ドイツは環境政策の一環として、2050年までに総電力消費量の80%を再生可能エネルギーで賄うことを目指しており、伊藤忠では、今後も同国での再生可能エネルギーの需要が高まると見込んでいる。

また、共同で参画するCITIC Pacific社は中国の大手コングロマリットCITIC社の100%子会社。同社は、中国における今後の洋上風力発電の成長を見込み、ヨーロッパの先進事例に投資することで知見と経験の取得を見込む。

同2社は、再生可能エネルギービジネス促進に向けた覚書を締結し、今後もこれに基づき相互に協業を促進したい考えだ。

なお、伊藤忠商事は、世界各地で発電事業の拡大に積極的に取り組んでおり、特に再生可能エネルギーでは、北米で2件の風力発電所と1件の風力・太陽光発電所案件に、インドネシアで地熱発電所事業に携わっている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.