> > 浮体式洋上風力発電の低コスト化に向けた新技術 九州大学などが開発へ

浮体式洋上風力発電の低コスト化に向けた新技術 九州大学などが開発へ

 印刷 記事を保存

NEDOは21日、浮体式洋上風力発電システムの実用化に向けて、2030年以降の発電コスト20円/kWhを目指して、システムの低コスト化に関する要素技術開発に着手すると発表した。

この開発事業は「次世代浮体式洋上風力発電システム実証研究(要素技術開発)」としてNEDOが公募したもの。採択テーマは、風力発電等技術研究開発/洋上風力発電等技術研究開発/次世代浮体式洋上風力発電システム実証研究(要素技術開発)。

委託予定先は、九州大学、国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所のほか、日本アエロダイン(東京都千代田区)、富士ピー・エス(福岡市中央区)、グローカル(広島県呉市)。事業期間は2016~2017年度。

(※全文:892文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.