> > 北海道・釧路のメガソーラー、出力変動抑制用の蓄電システム導入(6.75MWh)

北海道・釧路のメガソーラー、出力変動抑制用の蓄電システム導入(6.75MWh)

記事を保存

大林組(東京都港区)は、26日、三菱電機(同・千代田区)およびGSユアサ(京都府京都市)と共同で太陽光発電における気象条件の変化による急激な出力変動を緩和するため、低コスト蓄電池システムを開発し、2017年4月に運転開始予定の釧路メガソーラーに導入したと発表した。

北海道では、2013年4月に資源エネルギー庁より、北海道における大規模太陽光発電の接続が限界に近づきつつあると公表され、メガソーラー発電所の接続について、特別高圧連系(2,000kW以上)の接続量の限界値は40万kW程度であり、この接続量を超えて新たに連系する大規模発電所は、蓄電池システムを事業者が設置し、出力変動緩和対策を行うことが系統連系の条件とされている。

これを受け、蓄電池システムの共同開発チームを組成した3社は、実際の太陽光発電所の出力変動データを用いて検討を重ねた。同開発の具体的な研究成果は下記の通り。

(※全文:1005文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.