> > わかりやすい「ネガワット取引・デマンドレスポンス」の入門書 経産省が公開

わかりやすい「ネガワット取引・デマンドレスポンス」の入門書 経産省が公開

記事を保存
わかりやすい「ネガワット取引・デマンドレスポンス」の入門書 経産省が公開

経済産業省は、企業や家庭など電気の需要家向けに、節電した電力量(ネガワット)を需給調整に活用するネガワット取引の概要・参加方法などをまとめたハンドブックを作成し公開した。

ネガワット取引の実施にあたっては、実際に需要量の制御を行う需要家の協力が必要不可欠となる。需要家にはこの取組みに参加することにより、省エネをして報酬を得ることができるメリットもある。同省は、需要家に対して、安定的な電力システムの構築に資するネガワット取引(デマンドレスポンス)の健全な発展のため、積極的な参加を呼び掛けている。

ネガワット取引の流れや設備、注意点など記載

デマンドレスポンス(DR)とは、電気の需要量を制御する取組みをいう。特に、需要のピークが発生しそうなタイミングで、アグリゲーター(需要家の電力需要をを束ねて効果的にエネルギーマネジメントサービスを提供する事業者)を介して需要抑制量(ネガワット)を取引するネガワット取引は、2017年4月のネガワット取引市場創設などにより、今後の普及が期待されている。

アグリゲーターは、ネガワット取引において、電力の需要を制御する需要家と電力会社の間に立ち、需要抑制量等を取りまとめる中核的な役割を担う。

今回公開した「デマンドレスポンス(ネガワット取引)ハンドブック」では、ネガワット取引の概要とともに、アグリゲーターと相談・協議・契約を行ったあと、指令に従って需要抑制等を行い、契約に基づいて報酬を受け取る流れまでなどを説明。また、メリットと課題や、活用しやすい設備と注意点等についてまとめている。

デマンドレスポンスの取引の概要

節電のリクエストを受け取ったら(青色)、実際に節電しネガワットを生み出し(黄色)、その分の報酬を受け取ることができる(緑色)

デマンドレスポンスへの期待

2017年4月には「ネガワット取引市場」が創設されるほか、一般送配電事業者による「調整力」(エリア内において電気の需給バランスを調整するために利用するリソースを公募により調達すること)の実運用も始まる。さらに、今後は「容量メカニズム」(電源等の容量を提供した事業者に対価を支払うこと)や「調整力の公募」を発展させた「リアルタイム市場」(個社毎ではなく市場取引によるもの)といった新しい電力システムの在り方が検討されており、それぞれの市場においてDRの活用が期待されている。

下げDRの電気・お金の流れスキームごとの様々な形が、ハンドブックにまとめられている

また、再生可能エネルギー導入拡大に向けてもDRの活用が期待される。上げDR(DR発動により電気の需要量を増やすこと)に関しては、再生可能エネルギーの過剰出力分を有効活用する手法として、再生可能エネルギー導入拡大に資する取組みになるとも考えられている。下げDRについても、調整力必要量の増大に対応するリソースとして活用できる可能性がある。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.