> > 毎年1兆kWhの「空気中に捨てられる熱」 有効活用する新技術開発5件に補助金

毎年1兆kWhの「空気中に捨てられる熱」 有効活用する新技術開発5件に補助金

記事を保存

NEDOは12月28日、未利用熱エネルギーを有効利用する技術のひとつである、「蓄熱」において、新たな技術・材料等を発掘するための小規模研究開発に係る公募を実施し、委託予定先を決定したと発表した。

「これまでに知られていない蓄熱材料・メカニズムに関する研究(カテゴリA)」が1件で、「自動車や工場等の排熱利用に資する蓄熱材料等の研究開発(カテゴリーB)」が4件の合計5件。

事業名は「未利用熱エネルギーの革新的活用技術研究開発/技術シーズ発掘のための小規模研究開発(蓄熱)」。カテゴリーAでは、北海道大学大学院工学研究院の「高熱伝導性潜熱蓄熱コンポジットの研究開発」が採択された。

(※全文:1,435文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.