> > 木質バイオマス発電所にまた融資 地域貢献や林業活性化に期待

木質バイオマス発電所にまた融資 地域貢献や林業活性化に期待

記事を保存

東邦銀行(福島県福島市)は、2016年12月27日、山形・新潟両県で木質バイオマス発電に取り組む2社に対して協調融資を組成し、第1回目の融資を実行したと発表した。

山形県米沢市に発電出力6,250kWの木質バイオマス発電所を建設する「DSグリーン発電米沢合同会社」には、東邦銀行と山形銀行が融資を行う。組成金額38億5,400万円のうち、東邦銀行は30億5,400万円を担う。稼働は2017年度末を予定。

同社は大和PIパートナーズ(東京都千代田区)、グリーン・サーマル(東京都港区)の2社共同で設立された会社。

新潟県三条市に発電出力6,250kWの木質バイオマス発電所を建設する「SGETグリーン発電三条合同会社」には、東邦銀行、北越銀行、新潟縣信用組合が融資を行う。

東邦銀行は、組成44億9,700万円のうち38億9,700万円を担う。2017年9月の稼働を予定。

東邦銀行によると、両事業ともに地域密着型の事業であり、森林資源を有効利用した電力の安定供給に加え、林業の活性化や森林再生、循環型社会の形成など、多くの効果が期待されている。

同行では木質バイオマス発電事業に加え、大型風力発電事業に対する融資や、太陽光発電事業に係るプロジェクトファイナンスの組成を通じ、環境分野へ積極的に取り組んでいく姿勢だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.