> > 東京・名古屋・大阪で「省エネ関連補助金活用セミナー」 無料開催

東京・名古屋・大阪で「省エネ関連補助金活用セミナー」 無料開催

記事を保存

日本品質保証機構(JQA)は1月・2月に、「平成29年度 省エネ関連補助金活用セミナー」を東京・名古屋・大阪で開催する。参加費は無料。

低炭素社会の構築に向けて、民間企業の環境への取り組みに対する国の補助事業は年々拡大する傾向にあり、2017年度予算案でも、省エネ設備への投資や設備更新への補助金の交付が数多く行われる予定だ。これを受け同セミナーでは、これらの補助金についての説明や事例紹介が行われる。補助金を有効活用し、省エネを図りたい企業はぜひとも参加したいセミナーだ。

セミナーの内容は下記の通り。

2017年度省エネ関連補助金の概要

2017年度に想定される省エネ関連の補助金の全体像について説明する。

先進対策の効率的実施によるCO2排出量大幅削減事業(ASSET)の紹介

2016年度に給付された補助金事例として、CO2削減事業を目的とした省エネ設備導入を補助するASSET事業を紹介する。

CO2削減ポテンシャル診断の紹介

自社のエネルギー利用状況などを客観的に把握し、削減できる余地がどの程度あるかを診断できる「CO2削減ポテンシャル診断」について、申請手続き等を踏まえ紹介する。

事例紹介(検証のポイント付き)、質疑応答


参加申し込みは、事前にメールまたはファックスで受け付けている。各会場と開催日時は下記の通り。

東京会場

2017年1月27日(金)・31日(火)の2日間 14:00~16:30(両日ともに同内容)、会場はJQA(東京都千代田区) 17F セミナールーム。

名古屋会場

2017年2月7日(火)14:00~16:30、会場は名古屋三井ビルディング新館 13F会議室。

大阪会場

2017年2月17日(金) 14:00~16:30、会場はJQA(大阪府大阪市) ISO関西支部。


JQAは、1957年の設立から、一貫して日本のものづくりとサービス産業の発展を、検査や試験、校正・検定や認証サービスで支えてきた認証機関。1990年代からISO認証の普及啓発に努め、ISO 9001、ISO 14001をはじめとする各種マネジメントシステム規格の認証件数は国内最多。また、2011年3月に国内で初めてISO 14065「温室効果ガスに関する妥当性確認・検証機関」としての認定を取得し、GHG排出量等に対する妥当性確認・検証体制を整備してきたほか、国内外におけるさまざまな地球環境関連サービスを提供している。

【参考】

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.