> > 水と塩で発電するLEDランタン 名前は「MIZUSION(ミズシオン)」

水と塩で発電するLEDランタン 名前は「MIZUSION(ミズシオン)」

 印刷 記事を保存
水と塩で発電するLEDランタン 名前は「MIZUSION(ミズシオン)」

日立マクセル(東京都港区)は、水と塩で発電可能なLEDランタン「MIZUSION(ミズシオン)」を1月25日から発売する。

この製品は、水と塩で発電するLEDランタン。未使用の状態であれば、約10年間の保管が可能。災害時、停電時の非常灯防災対策や、レジャー、アウトドアでも利用できる。

MIZUSIONの使用方法

塩と水を入れるだけだ

「パワーバー」と呼ばれるマグネシウム電池を利用して発電する。パワーバーが陰極、空気が陽極となり、塩水は電解液の役割となって発電するメカニズムだ。連続点灯は約80時間だが、30時間ほど使うと塩水の交換が必要になる。また、別売りのパワーバーを交換すれば、繰り返して利用することができる。

なお、製品に水と塩は付属していない。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.