> > 「黒い太陽電池」で京都市などの景観条例に適合 中国メーカーから新製品

「黒い太陽電池」で京都市などの景観条例に適合 中国メーカーから新製品

記事を保存

トリナ・ソーラーは11日、京都府京都市など国内の景観条例に対応可能なブラックカラーの太陽電池モジュール「Honey M Plus(DD05A.05(II))」を発表した。

本製品は、黒色フレームと高透過・反射防止強化ガラスを採用した既存の黒色の単結晶モジュール「Honey M Plus」のバックシートを白から黒に変更し、厳しい景観条例の規定にも対応可能な「明度2.0、彩度0.5の黒色」とした。また、美観に留まらずPERC技術を含むいくつかの新技術の統合により高出力・高効率を実現している。

(※全文:1027文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.