> > 米国にて普及が進む教育向けの植物工場キット 都会の学校に提供

米国にて普及が進む教育向けの植物工場キット 都会の学校に提供

 印刷 記事を保存

米国オハイオ州のグランドビュー・ハイツ市の公立学区では教育向けの小型植物工場9台を導入した。導入した植物工場はLED光源を採用したタワー型の水耕栽培キットであり、生産した野菜は学校の食堂で使用される他、生徒への教育プログラムの一環として利用される。

植物工場キットは、タワー型の水耕栽培システムを製造・販売するジュース・プラス社から購入し、1台あたりの費用は約700ドル。四角形の柱に対して、各面に4つの穴があり、合計16株の野菜を植えることが可能である。現在はLED光源にて1日に16時間の照射にて、レタス、スイスチャードやルッコラ、バジルといったハーブ野菜などを栽培している。


この記事は、たとえば

  • 学校など教育現場に従事する方々にとって、新たな教材の候補として参考になります。
  • 植物工場メーカーにとって、製品の展開事例として参照できます。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.