> > 太陽光発電の事故発生を防ぐ「使用前自己確認制度」 やり方まとめ

太陽光発電の事故発生を防ぐ「使用前自己確認制度」 やり方まとめ

 印刷 記事を保存

北海道産業保安監督部は、出力500kW以上2,000kW未満の太陽光発電設備に対し、「使用前自己確認制度」が導入されたことを受けて、確認する内容や提出方法など制度の概要を取りまとめ紹介している。

今後、対象となる太陽光発電設備を設置する者に対して、これを参考に、使用開始前に技術基準への適合について確認を行い、使用前自己確認結果届出書を提出するよう呼びかけている。

制度の概要は以下の通り。詳細は北海道産業保安監督部のウェブサイトを参照のこと。必要書類等もダウンロードできる。

太陽光発電の事故発生を防ぐため

近年、太陽電池発電設備の設置数の増加に伴い、一部の太陽光発電設備において、突風や台風等によりパネルが飛散し、近隣の家屋等に被害を及ぼすなどのトラブルが発生している。中には、技術基準に適合しているか否かを設置者が把握していない場合もある。

これを踏まえ、経済産業省は、2016年11月30日付けで「使用前自主検査及び使用前自己確認の方法の解釈」の一部改正を行った。この改正により、出力500kW以上2,000kW未満の太陽電池発電設備の導入にあたって、技術基準への適合について設置者が確認を行い、その結果を国に届け出る「自己確認制度」が導入された(2016年11月30日施行)。

技術基準に適合するか確認し、書類を提出

使用開始前の確認では、電気工作物の各部の損傷・変形等の状況および機能・作動の状況について、電気事業法(第39条第1項)の技術基準に適合するものであることを確認する必要がある。確認結果を記載した書類は、北海道では北海道産業保安監督部 電力安全課へ提出する。

確認の具体的な方法、書類の作成方法については、経済産業省の「使用前自主検査及び使用前自己確認の方法の解釈」(2016年11月30日改正)を確認のこと。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.