> > 家畜の糞尿 → 水素製造 → 燃料電池 北海道で水素製造供給施設の実験スタート

家畜の糞尿 → 水素製造 → 燃料電池 北海道で水素製造供給施設の実験スタート

 印刷 記事を保存
家畜の糞尿 → 水素製造 → 燃料電池 北海道で水素製造供給施設の実験スタート

エア・ウォーター(大阪府大阪市)らは24日、北海道十勝地区において家畜バイオマス由来の水素製造供給施設「しかおい水素ファーム®」を設置し開所式を実施した。同施設の稼働により、北海道河東郡鹿追町と帯広市において家畜糞尿由来水素を活用した水素サプライチェーン実証事業を開始する。

この「家畜糞尿由来水素を活用した水素サプライチェーン実証事業」は、同社と鹿島建設(東京都港区)、日鉄住金パイプライン&エンジニアリング(同・品川区)、日本エアープロダクツ(埼玉県狭山市)が共同で実施するもの。地域の再生可能エネルギーや未利用エネルギーを活用し、水素を精製、製造、貯蔵、輸送、供給、利用するという一貫した水素エネルギーのサプライチェーンを実証する。

燃料電池車や電気・温水などに

家畜糞尿のメタン発酵施設である鹿追町環境保全センターからバイオガスの供給を受け、同センター敷地内に水素の製造・供給施設として設置された「しかおい水素ファーム®」で水素ガスを製造する。

製造された水素は、純水素型燃料電池用のエネルギーとして環境保全センター内で利用されるほか、貯蓄用カードルで畜産農家や近隣施設に水素を運搬し、電気と温水を供給する。また、環境保全センター内に北海道初の定置型水素ステーションを設置し、燃料電池自動車(FCV)、燃料電池フォークリフトの燃料として利用する。

今回開所した設備は水素製造能力約70Nm3/h。運営を行うのは同事業の代表事業者であるエア・ウォーター。また、同センター内の水素ステーションには、充填圧力70メガパスカル(燃料電池自動車用)と、35メガパスカル(燃料電池フォークリフト用)の設備が搭載される。

この実証事業は、環境省が推進する「地域連携・低炭素水素技術実証事業」において採択され実施されるもの。実証事業期間は2015年度から2019年度の最大5年間。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.