> > NTTファシリティーズ、太陽光発電所の保守・損害保険のセットサービス開始

NTTファシリティーズ、太陽光発電所の保守・損害保険のセットサービス開始

 印刷 記事を保存
NTTファシリティーズ、太陽光発電所の保守・損害保険のセットサービス開始

従来と本サービスの比較
こちらをクリックすると拡大します

NTTファシリティーズは、高圧連系出力50~2,000kWの太陽光発電設備向けに設備保守と損害保険をパッケージ化した「損害保険付き太陽光発電所保守サービス」の販売を1月25日より開始した。

同社によると、保守と損害保険を組合わせ、太陽光発電所の日常点検から故障修理までトータルサポートする、高圧連系向けの業界初のサービスだという。

同サービスの設備保守は、同社が有する全国300箇所以上におよぶ太陽光発電所の保守実績・経験、24時間365日体制の遠隔監視と全国で250にも及ぶ拠点を活かした体制が基盤となる。損害保険はNTTグループの保険会社、きらら保険サービスと提携、同社が提供するサービスを利用する。

パッケージ提供で運用コストを5~10%程度削減

このサービスに加入するメリットとして、故障修理に要する顧客の手間・稼働、故障に伴う発電機会の逸失、太陽光発電所の運用コストの削減があげられる。具体的には、顧客自らが各社に対して行っていた故障修理依頼と保険手続きの窓口が一元化でき、手間・稼働を削減する。

また、保険査定に必要な情報の提出をNTTファシリティーズときらら保険サービスが代行することで故障修理に要する期間を短縮でき、故障に伴う発電機会の逸失を削減する。さらに保守と保険の一元化によりこれまで双方にかかっていた運用コストを5~10%程度削減できるという。

そのほか、太陽電池パネル設置総数のうち、同社指定の調査で一定数以上の枚数でメーカーの出力保証の値を下回る出力の低下が確認された場合には調査費用等を補償する。

同社は、太陽光発電設備の運用でこれらの懸案事項を抱える全国の顧客等へ提案を進めていき、初年度の年間売上5億円を目指す。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.